- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト千葉

レクサス NX300(2018年式:ブラック212)

他県からお越しのS様

レクサス NX300(2018年式:ブラック212)のガラスコーティング作業のご紹介です。

【施工内容】
・ボディーコーティング(リボルト・プロ)
・窓ガラス撥水コーティング


今回のオーナー様は、洗車キズやウォータースポットが気になるということで当店へご入庫頂きました。

お車の状態を確認してみると、グルグルの洗車キズが全体的に付いておりました。

lexusnx300_201903_before01.jpg

lexusnx300_201903_before02.jpg

lexusnx300_201903_before03.jpg


オーナー様にお話をお伺いしてみると手洗い洗車のほかに、月2回洗車機に入れているとのことでした。
やはり洗車機はキズが付き易いですね・・・


ただ、私としては絶対に洗車機はダメだとは言いません。(もちろん手洗い洗車がベストですが)

その理由としては、洗わずに放置するよりもまだ洗車機で洗っている方が水シミなど塗装を変質・劣化させる要因を軽減できるからです。
また、ボディーカラーやオーナー様の主観によっては洗車キズがそこまで気にならないというお声も聴きます。

このため、もちろん洗車機に入れる頻度にも限度はありますが、手洗い洗車がどうしてもできないで1か月以上放置してしまうくらいなら、洗車機に掛けるのも一つの手だと思っています。


さて、お車の洗車キズなどを下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて、最適にポリッシングします。

下の画像は、研磨前と初期研磨後の比較画像となります。

lexusnx300_201903_before04.jpg

この後、より細かめの研磨を行い徐々にキズを細かくしていき、研磨跡が残らないように綺麗に仕上げていきます。

そして、最後に完全硬化型のガラスコーティングを塗布することでツヤツヤに仕上げてまいります。

lexusnx300_201903_01.jpg

お引渡しの際、オーナー様にもお喜び頂けました。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りコーティング効果が維持できると思います。
この度は、数あるコーティングショップの中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年3月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング窓ガラス撥水加工