- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト千葉

レクサス RX(2017年式:ホワイトノーヴァガラスフレーク)

千葉市からお越しのK様

レクサス RX(2017年式:ホワイトノーヴァガラスフレーク)のガラスコーティング作業です。

【施工内容】
・ボディーコーティング(リボルト・プロ)
・フロントガラス撥水コーティング

今回のお車は、鉄粉を取りたいということでオーナー様からご用命頂きました。

お話を聞いてみると、最近ご自宅近くで建築工事が開始され、その時期からかなりの量の鉄粉がボディーに付着しだしたとのことでした。

空気中に飛散している小さな鉄の粒子が、鉄粉としてボディーに付着するわけですが、鉄粉がお車に付着しやすい環境・条件は以下の通りとなります。


・駐車場の近くに線路・幹線道路がある
・駐車場の近くに工場がある
・駐車場の近くに畑が近くにある
・駐車場の近くで工事を行っている
・豪雪地帯(除雪車のブレードの削りカス)に住んでいる、頻繁に行く
・ブレーキダストが出やすい車(欧州車など)


こういった条件に当てはまる方においては、まずはこまめに洗車する方法が一番だと思います。
それでも蓄積した鉄粉の除去は当店のような専門業者などでクリーニングすることをお勧め致します。

さて、お車を拝見致しますと、そばかすのようにびっしりと鉄粉がボディー全体に付着しておりました。


lexusrx_201902_before01.jpg


そこで、洗車後に鉄粉クリーナーを塗布してみると、そこかしこでクリーナーが反応して紫色に・・・


lexusrx_201902_before02.jpg


クリーナーだけでは到底除去できない状態でしたので、さらにトラップ粘土で除去したところ粘土が茶色に・・・
※トラップ粘土はボディー面にキズが入りますので、一般の方の施工はお勧めいたしません。


lexusrx_201902_before03.jpg


ようやく、鉄粉の除去が完了しましたので、ボディー全体を研磨していきます。
研磨後、クスミの取れた艶のあるボディーとなりました。


lexusrx_201902_after01.jpg


最後に、コーティング剤を塗布し、さらにツヤツヤのボディーに仕上げて終了です。


lexusrx_201902_09.jpg


今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りコーティング効果が維持できると思います。
この度は、数あるコーティングショップの中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年2月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング窓ガラス撥水加工