- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト千葉

マツダ CX-5

千葉市からお越しのお客様

マツダ CX-5 「リボルト・ライト」のご依頼です。
ありがとうございます。

ボディの水弾き、撥水が好きなかたが非常に多く感じます。コーティングしたボディのコロコロはボディと水の接触角度が大きいと、よりコロコロします。過酷な外気の環境では油分、砂、ほこり、タール、花粉、鳥の糞などにいつ襲われるかわからないという状況です。塗装面をプロテクトしている犠牲膜の役目を果たすコーティング被膜ですが、その上から外気による汚れが付いてきます。そんな時はその汚れを洗車で洗い流してあげましょう。コートされたボディが下から出てくればスッキリとしたご愛車に仕上がります。それこそがコーティング被膜の役目です。

コーティングすれば、水洗いだけで綺麗になるのかという事を言えば、固着した汚れでなければサッパリとします。ですが、それを続けると落ち切らない汚れの蓄積を早めてしまう事で、犠牲膜のいたみも早めてしまうのです。せっかくかけたコーティング被膜、これ自体も長持ちさせるようにして頂ければお車にもオーナー様にも良いのかなと思います。
コースご利用のお客様にサービスで差し上げているシャンプーとリキッドはオーナー様が使いやすく、且つお車が綺麗にできる内容でご用意しておりますので是非お使いになられてくださいませ、良いものですから。もちろんボディのコンディションでお困りの際は改善のお手伝いをさせて頂きます。

洗剤の中には、界面活性剤というものが入っているので、付着した汚れと塗装表面を引き離す力が働きます。これを使えば車の洗車で綺麗にするには近道となります。そうして綺麗になった塗装面には、差し上げたUVカット入りのメンテナンスリキッドで拭き上げれば楽で仕上がりも良くなります。界面活性剤で洗うのも、リキッドで仕上げるのもコーティング被膜があるからこそよりいっそう仕上がりが良くなるという事ですね。

ご愛車CX-5のソウルレッドクリスタルは、渋みの増した赤といった印象です。街中ですれ違いの時にも違いが分かるほど輝きの種類が変わったように感じます。
ドアを開け、ピラー部分を見ると「サンライトカッパーパールメタリック」のような色合いが見えます。何層かのうちの下層部で使わてれいそうなカラーを見ると進化を感じさせます。
黒っぽい影がエッジの際などに映る表現力を持ったカラーと言えます。
クリアの質感も数段良くなっているように感じます。赤は赤の技術、グレーはグレーの技術がなされているようで追及さているボディカラー”匠塗”です。

元の表現の良さをさらに上げていく事が出来ます。新車でも必要な適切な下地処理をします。
TOPコートでボディを覆う事で、のちに断然ボディに違いが出ますので大切なご愛車には是非おすすめです。未塗装樹脂パーツにもボディと同じコーティングを施工致します。フェンダーアーチや前後のバンパーがそれにあたります。

ご自身でのお手入れもシャンプー、リキッドでセオリー通りの洗車にて綺麗を維持して頂ければと思います。

この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

2905015-01.jpg

2905015-02.jpg

2905015-03.jpg

2905015-04.jpg

2905015-05.jpg

2905015-06.jpg

2905015-07.jpg

2905015-08.jpg

2905015-09.jpg

施工時期:
施工内容:
リボルト・ライト

【REVOLT CHIBA / リボルト千葉】
〒260-0027 千葉県千葉市中央区新田町39-8
TEL:043-215-7474 FAX:043-215-7475
http://www.revolt-chiba.com/
revolt@revolt-chiba.com

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらから