- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト千葉

ハーレーダビッドソン FXRS

千葉市からお越しのお客様

ハーレーダビッドソン FXRS「バイクコーティング」のご依頼いただきました。ありがとうございます。

先日、日本に入ってきたばかりのこちらのハーレー。無造作に溶接跡を残したタンクデザインに、リジット化したリアサスペンションや足回りにあしらわれたメッキパーツの数々。まさにアメリカらしさを感じる仕上がりになっております。
プラグコードやシートのパイピングのオレンジとイエローという色合いとタンクに鎮座するペイントのカラーのマッチングも最高です。
このハーレーのスタイルを見てお気づきになられる方もいらっしゃるかとは思いますが、こちらのバイクは映画の「ハーレーダビッドソン アンド マルボロマン」に登場しているハーレーとほぼ同じ仕様になります。
使用されているボルトはインチだったり、ブレーキホースやベルトもMADE IN U.S.A.を使用しているなど細かいこだわりを感じます。

バイクコーティングはタンクやカウルはもちろん、フォークやエンジンやブレーキ、さらにはホース類一本一本に施工を行なっております。
車と違って全てのパーツがむき出しのバイクは、当然様々な箇所が汚れてしまいます。
各箇所ををポリッシュを行いエンジンや補機類等は独自の洗浄方法で一箇所づつ丁寧に洗浄し、2層式の「リボルト・プロ」を車体に満遍なくコートしていきます。
オーナー様より素材の自然な風合いはそのままに綺麗にコーティングをしてほしいとのご依頼を念頭においてチェックしながら進めます。
弊社取扱のコート材は全て耐熱性に非常に優れておりますので、バイクのように熱を持つ箇所が多い条件でも施工可能であり持続もいたします。
特にメッキパーツは物にも寄りますが熱を持つと劣化が早いので、使用されている方はお早めの施工をお勧め致します。

映画の世界を飛び出し現代に蘇ったこちらのハーレー。店舗から出て行くバラつきのある音とその姿はまさに鉄馬という印象でした。
お車やバイクのコーティングで何かお困りの際には、ご来店お待ちしております。

290325-01.jpg

290325-02.jpg

290325-03.jpg

290325-04.jpg

290325-05.jpg

290325-06.jpg

290325-07.jpg

290325-08-.jpg

290325-09.jpg

290325-10.jpg

施工時期:
施工内容:
バイク ガラスコーティング

【REVOLT CHIBA / リボルト千葉】
〒260-0027 千葉県千葉市中央区新田町39-8
TEL:043-215-7474 FAX:043-215-7475
http://www.revolt-chiba.com/
revolt@revolt-chiba.com

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらから