施工ギャラリー

市川市からお越しのお客様

車名:
TOYOTA マークX
施工内容:
リボルトプロ,ホイールコーティング,窓ガラス撥水加工
280722-600-1.jpg

TOYOTA マークX リボルトプロ、窓ガラス撥水フル加工、ホイールコーティングのご依頼です。
ありがとうございます。

2014年式マークXのご入庫です。
日々お忙しくされているオーナー様は、お手入れが出来ない期間が続いていたとの事で、ボディ全体にあったシミが特に気になっておられたようです。
長く乗りたいので、という事でご依頼頂きました。

カラーリングが黒のソリッドという事もあり、見た目ですぐわかるほどのシミが無数にありました。
洗浄後、その状態を見ますと、救えるシミと、クレーター状に塗装面が凹んでしまっているものが混在していました。

そこは、塗装が委縮してしまっているもの以外であれば、表面を磨き、整え、覆うという工程で守ることが出来ます。
勿論、クレーター状のものも凹みを浅くしてあげる事で以前よりも良くなりますので、そのように進めます。

202の塗装面の柔らかさと、キズやシミの深さを頭において、1パネル毎に仕上げていきます。オーナー様と相談し、少し強めに磨き込むことで、ボディの状態を良くする方向に作業していきます。
ご要望で、例えばそのように敢えて強く磨き込むケースでも、仕上げに塗装表面を平滑にする工程をじっくり行います。

「リボルトプロ」は、数μの厚みをもたらす独特の被膜です。クリア塗装を守る犠牲膜としては、硬化型でありながらも柔軟で、且つ光沢を与えるハイクオリティなコーティング被膜となっております。
ご出庫数日以後にも、コーティング表面は、少し色艶を良くしている事も多いです。一層、膜厚を増したような印象という表現が素直な言い方なのかも知れません。

ローフォルムでスポーティなご愛車も、ブラックの輝きが車全体を引き締めて魅せます。
更にお引き取り時に、もう一台のご愛車もホイールコーティングのご依頼まで頂き、感謝しております。

クラウンやレクサスGSと共有するパーツも多く使われている事もあり、高級感とスポーティさがにじみ出ています。
VSC,TRCなどの電子デバイスも充実しており安全面の配慮があります。以前のモデルよりパワーとトルクを少し抑え、燃費の向上を狙う改良もされているという高級スポーツセダンのマークXの「リボルトプロ」コーティングでした。
定期的なメンテナンスにも是非ご利用をお待ちしております。

お渡しさせて頂いたメンテナンスキットをご活用され、綺麗を維持して頂ければと思います。

この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

280722-600-1.jpg
280722-600-2.jpg
280722-600-3.jpg
280722-600-4.jpg
280722-600-5.jpg
280722-600-6.jpg
280722-600-8.jpg