施工ギャラリー

東京都江戸川区からお越しのお客様

車名:
TOYOTA アルファード
施工内容:
リボルトプロ,ホイールコーティング,窓ガラス撥水加工
280721-600-01.jpg

TOYOTA アルファード リボルトプロ、窓ガラス撥水フル加工、ホイールコーティングのご依頼です。
ありがとうございます。

30アルファードの202ブラックのご依頼です。
数か月前よりお問合せ頂き、新車ご納車当日にお持ち込み頂きました。

ご納車直後であっても、修正した形跡や部分的に強めに拭いたような拭きキズなどが、ほとんどの車にある状態と言えます。

新車の下地処理でも経年車の場合でも、塗装面のチェックをするとともに膜厚を計測してから工程に入りますので、それが施工前の重要なポイントと言えるでしょう。

アルファードのボディも、ディーラー様での手を入れた跡は残っておりました。
オーナー様より「漆黒の黒でお願いします」というお言葉も頂き、お預かり致しました。
ソリッドブラックにお乗りになるオーナー様のこれが本音であると思いましたし、ストレートに伝わってきました。

実際の塗装面は、アル、ヴェルも30系からセルフリストアリングコートという復元性のあるクリア塗装が施されています。弾性があるというと、扱いは楽になるものと思いたいところではありますが、セルフリストアリングでない202の方よりもシビアに扱う必要がありそうな感触です。

ですが、ソリッドブラックはお手入れなどの時の工夫や配慮次第で、とてつもない黒光りで輝くのでそれには魅了されてしまいます。
扱いはシビアであれ、ソリッドブラックファンの存在があります。
オーナー様はまさに、そのおひとりであるのだと思います。

お引き取り時には、ボディに映るご家族様のお姿を見てお喜び頂いておられるご様子でした。
以前からお申込頂いたオーナー様に感謝です。

コーティングは、完全硬化型の「リボルトプロ」です。ガラス濃度100%無溶剤のベースコートと、紫外線軽減UVカット機能や高貴なツヤを与え、なお防汚効果のあるTOPコートで包み込むという構成です。
セルフリストアリングコートのアルファードも、デュアルプロテクトで存在感のあるソリッドブラックに仕上げさせて頂きました。

お渡しさせて頂いたメンテナンスキットにてセオリー通りのお手入れで、綺麗を維持して頂ければと思います。

この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

280721-600-01.jpg
280721-600-03.jpg
280721-600-04.jpg
280721-600-07.jpg
280721-600-08.jpg
280721-600-09.jpg
280721-600-10.jpg